公竹斎のブログ

新潟市在住、還暦すぎです、清掃パート職、はてなダイアリーと併用しています

文藝春秋の新刊案内 2017年9月

はてなダイアリーでもわたしはブログを持っていてそちらは「公竹斉→新潟日報からスレに抗議→一旦閉鎖硬骨魚」ブログと変遷し、後発のこちらが新家公竹斉になりました。

本来ダイアリーでは書籍のレビューと、新刊案内リーフレットの紹介をしていたがいろいろあって、文藝春秋の新刊単行本に挟まる新刊案内だけを置く場所になったんだが、昨年わが家の複合プリンタを買い替えた際に、スキャンするとみなPDFでしか保存できなくなって、どうしていいか分からずはてなダイアリーは開店休業状態でした。

本日、書店で9月の文藝春秋からでた「おい、マジか。池上彰の『ニュースを疑え』」を購入し、何度目かのスキャンに挑戦して、えとようやくjpegで保存する術を理解した。アッタマくるよね空の補正するんだってよ、それで閉じると「保存されていません」と出てそいつを保存する…多分もっとストレートな方法があるんだろうがまあいい、明日から時間を作ってダイアリーの方に一つづつ貼っていきます。

文藝春秋の新刊案内はイラストレーター大高郁子がもう20年も昔から表紙を描いていて、えと威張るわけではないが公竹斎のブログでしか編年で(全部でないけど)見れないというものです。興味のある方はぜひ見てください。画像は「文藝春秋の新刊2017・9 秋の暮by大高郁子」銀座の風景です。

f:id:kotiqsai:20170923184810j:plain