公竹斎のブログ

新潟市在住、還暦すぎです、清掃パート職、はてなダイアリーと併用しています

いろいろ大変なことになりそうな、21日からの勤務予定表

どうしてそんな大変なことになるかというと、巡回・フードコート遅番兼閉店後清掃をこなしていた遅番責任者代務の50代前半女性が、10年弱続けた勤務を今月度20日を持って退職するからなのです。

責任者の社員もわたしも、辞められたら困るよ辞めないでね~!と慰留に努めたんだがなんの効果もなかった、社員は自分勝手に「たぶん情がある職場だろうから、皆が困るようなことはしないさ(新しいパートさんが決まるまではいてくれるさ)」とたかをくくり、そのまま【募集とかはしてるんだけどさ】無策で彼女は去ることとなった。

でもって、勤務予定表はその代務者の分を埋めるために、もう無理に無理を重ねて、その無理の果てに、わたしは午前6時からの作業の合間に、午後4時から午後10時までの作業がモザイクみたいにいりこになった奇妙で不細工で、60歳過ぎた爺がやるべきではないアクロバッティクなシフトを勤めることとなる。

1ヶ月に8回の公休は何とか取れたが6日連続が2度あるって、半ドンより悪いぞ。まあどうなるか分かんないけど、できれば巧みに時間を短くしていけるといいんですが。

今日は午前6時からのトイレ掃除、事務仕事とトイレットペーパー移動してから、週末増員、中途で来月度のシフトを無理算段で作りだし、あっという間に午後6時で職場に12時間いた。もう会うことのない遅番責任者代務と軽く挨拶をする。さよならをすることは少しずつ死んでゆくことだと、チャンドラーの名言が胸に響いた。クリーンさんのおばちゃんから美味そうな笹団子をいただき、家に帰ると妹が初物のトウモロコシを茹でていてくれた。そうね、食べてるときはちょっとは幸せです。母の病気は徐々に回復中、高齢だから本当にゆっくりだが。

f:id:kotiqsai:20170618204239j:plain