公竹斎のブログ

新潟市在住、還暦すぎです、清掃パート職、はてなダイアリーと併用しています

高安関、大関へ

大相撲13日目(金曜)に高安が日馬富士に勝利し、大関昇進をほぼ手中とした。安堵からか残りの2日は黒星だったが、精神衛生上はよかったんでしょ。13日目にNHKのTV中継で国技館で観戦中の高安のご両親を映していて、とても存在感のあるお母さんだなあと思って見ていた。千秋楽を終えた今日の朝日新聞社会面で、同郷で幼なじみの秋元才加という女優さん(知らない人です)のインタビュー記事で高安の母親がフィリッピン出身と知る。

先場所か先々場所、御嶽海のお母さんもTVに映った際にフィリッピン出身と紹介されていて、なかなか今後は角界フィリッピンパワーが吹くかもしれない。どこか弱小親方が直接フィリッピンに出向いて有為な若者をスカウトするのもいいんじゃなかろか…でも南国はダメ男と働き者のおっかさんというイメージもあるし、むずかしいかな?

高安と切磋琢磨してきた同時期の力士に妙義龍、松鳳山がいるが大いに差がついちゃったか、来場所は妙義龍は十両だしな、高安君は確かに全身毛むくじゃらで目がクリクリでいまにして思えばハーフと気付いてもよかったのだが、こちらとしては松鳳山の容貌怪異さについ目がゆき、サモアの怪人かニューギニアの原人かとついうれしくて、話題にしていた。

初めて横綱と対戦したとき張り手した高安、いつも首ふりでどうみても対戦相手をいらつかせているのに気付いているのかいないのか不遜に口を曲げてる高安、愛憎半ばで今後も注目したいです。

f:id:kotiqsai:20170529205035j:plain