公竹斎のブログ

新潟市在住、還暦すぎです、清掃パート職、はてなダイアリーと併用しています

金魚草の花言葉

今日は公休なのでNHKのラジオ深夜便を聴いてはいません。今月度から勤務形態が以前の開店前作業に戻ったので「午前4時半起床、かるく朝食、5時15分に家を出る」となり、ラジオをつけるとラジオ深夜便の最終コーナー「明日への言葉」でどこかの爺が自慢話や教訓話を垂れ流すのをいやいや聴き終えると50分過ぎに「誕生日の花と花ことば」のコーナー。今日の花は金魚草、数年前には花にちなんだ俳句を紹介、その後の1年間は歌人鳥海昭子が新作短歌を詠んでいた。

金魚草十本ばかりかつぎたるあなたの首の美しかりき

 刈った金魚草を手に持って肩にかけた“あなた”の首あたりを見ると美しいのですね、カラフルな花束なら何を持っても美しそうだが、首が美しいって言葉がちょっとね頸とかの方が筋まで見えて美しいひとっぽいかな。

でもって金魚草の花言葉だがNHKの番組では「清純な心」なんだけどこちら「情報サイト 誕プレ」だとまあひどいもんだね、「おしゃべり・出しゃばり・おせっかい・図々しい」ときたもんだ。なんだか金魚草の花束を贈りたい人の顔がスルスル数名思い浮ぶのだが、貰った当人はもちろん図々しい連中なので「あらあら、これってきっと清純な心のわたしにピッタリなプレゼントね!」と曲解されるかしら。ドクダミジャイアントホグウィードにも花言葉はついてるんだろうが、知りたくもないけど。

近所で咲いてる金魚草の画像を貼ります。わが家では種から金魚草育てたことがあるけれど茎が太くならずすっげえ貧弱な金魚草しか育たなかったな。

f:id:kotiqsai:20170526091736j:plain