公竹斎のブログ

新潟市在住、還暦すぎです、清掃パート職、はてなダイアリーと併用しています

フーターズエア

HOOTERS AIR アメリカのセクシーエアライン

全米に展開するフーターズスポーツバー。そのバーのオーナーが始めたエアラインだ。尾翼にはお店のマスコットであるふくろうを描き、乗務員の他に、タンクトップにホットパンツのセクシーなフーターズガールが乗り込み、機内サービスを行うことで一躍有名に。しかし、ベースがサウスカロライナ州マートルビーチというゴルフリゾートのため平日の搭乗率が悪く、2006年に運航を停止してしまった。

 

枻文庫 チャーリー古庄フォトコレクション「デザインで選んだ世界のエアライン100」を先日ブックオフで購入、ゴロリとしながらめくっていて発見したが“デザインで選んだ”にしてはダサいや。でも面白そうでWEBで探したけれどあまり見つからないなあ。ロシア語ベースのサイト AVIR.PROより「フーターズ・エア:客室乗務員の制服」を貼っておきます。

悪くないアイディアですよね、大昔、佐野洋の短編小説集のタイトルで「空翔ける娼婦」ってのがあって、キャビンアテンダントの奔放な性と副業で売春みたいなまあどうでもいい小説だった。

航空会社は潰れたけれど、フーターズというスポーツバーだかは今も盛況のようで日本でも大都市にチェーン店が出店しているそうです。へえ~あまりうるさくないお店のようなら早い時間になら行ってみたいと、上京時に飲み会幹事するキューさんに提案してみよう。

WEB上にフーターズエア潰れて左前になった時、2代目社長がフーターズを再興する過程を町山智浩が記していて、そちらもとてもおもしろい。Newsweek日本版 2010年2月18日 町山智浩 やじうまUSAウォッチ「巨乳レストラン「フーターズ」の社長が皿洗いとして自社の店に潜入!」です。画像はフーターズエアの機内サービスシーンです。トランプみたいなオヤジが睨んでるぞ。

f:id:kotiqsai:20170426133920j:plain