読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公竹斎のブログ

新潟市在住、還暦すぎです、清掃パート職、はてなダイアリーと併用しています

御影がでてきた

《おすがた》と読むのでいいかな《おみかげ》だったかな?御影を購入する女子大生の楽しげな画像満載のはてなブログ「てか、“巣鴨”知らないの?」より「とげぬき地蔵尊にきてやるべき3つのこと」で確認してください。そいつが衣装ケースの奥から出てきた。わたしが東京で暮らしていた時分、散歩かなにかで高岩寺に行き購入したのでしょう。当時住んでいたのは北区王子で、チンチン電車巣鴨新田からそこそこ近い。ズボンかシャツのポケットに突っこんでたら衣装ケースに落ちて、そのまま10数年ほったらかしでわが家の衣装ケースをお守りしてくれていたのでしょう。

黄ばんでしまってしわしわだけれど中の薄い地蔵さんも明解で、まだまだご利益ありそうです。魚の骨がのどに引っ掛かったとき、念じて薄い地蔵さんの御影を飲み込めばあーら不思議!一発解消となるそうですが、魚の骨がのどに刺さるという経験自体、数十年ないですしね、もし引っ掛かったとして御影を家の中うろうろ探しているうち、魚の骨問題は解消してしまうんじゃないかしら?

箪笥の下に敷いた古新聞とか、段ボールの奥から出てきた昔の広告とか、それらとはちょっと違うがひょっこり旧知に遭遇した複雑な嬉しさが今朝がた広がりました。

f:id:kotiqsai:20170420144447j:plain